世界気象カレンダー2010の見どころ

世界気象カレンダー2010:気象・地球環境を「学び」「使う」!

世界気象カレンダー」は、気象庁、NASAなどの協力で、気象衛星ひまわりをはじめとして、世界の地球観測衛星からとらえた画像や、宇宙ステーションから撮影した貴重な画像を掲載し、さまざまな気象現象を平易に解説しているのが特徴です。

迫力ある画像の数々!わかりやすい!解説
美しく、時に過酷な地球の素顔を掲載。大きなサイズで大迫力の画像は資料性が高く、地球環境の今を伝えてくれます。そして、今、注目の話題をイラストと文章で、わかりやすく解説しています。


カレンダーの機能性アップ!使える!長期天気予報
スケジュールや日々の天気の記録など、記入スペースも充実(祝日、二十四節気、気象関連記念日を掲載)。また長期天気予報コンテンツ「天候ダイヤグラム」(過去30年のお天気統計情報)を掲載。最新の天気予報と合わせてご活用いただけます。


創刊29年目となる今回は、

・温暖化が進み激減したオホーツク海の流氷
・ゲリラ豪雨
・温暖化で巨大台風の多発が予測される、猛烈な台風の眼

など最新の気象現象とともに、
・水の営みで大きく地形を変える黄河の河口の変遷
・冬と夏で表情を大きく変えるアイスランドの気候

など世界の気象に関わるテーマも解説しています。

また、
・穀雨  
・山茶花梅雨

といった、よく耳にする気象現象に関しても、その仕組みを迫力ある画像とともに、詳細でわかりやすく解説しています。

表紙には2009年7月22日に日本国内で46年ぶりに観察された皆既日食の連続写真をとり上げました。

世界気象カレンダーのお求めに関して